小樽市議会議員 秋元とものり-今日も1日-今いる場所で勝て

「小樽市議会議員 秋元とものり」の今日一日の活動と感じた事を率直に紹介するブログです。

04月« 05月/ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(47)小樽市指定歴史的建造物

小樽市指定歴史的建造物(47)は

旧久保商店です

旧久保商店-4 旧久保商店-3

旧久保商店-1 旧久保商店-2

和風商店の趣を残し喫茶店に再利用した建築である。平成4年小樽市都市景観賞を受賞。久保商店(洋物小間物店)として明治40年に創建し、大正13年から昭和57年まで犬島商会(損害保険業)が使用、現さかい屋は昭和60年に開店。久保商店時の写真によれば、道路側の下屋は母屋から蔵(木骨石造平家)まで一体に続き、蔵は前後に2棟並んでいた。1階の階段室の脇に軟石でできた開口部としっくい塗りの戸が入り、元は奥の石蔵と続いていた。また、母屋の1階は、店先として開放できる引戸が入っていた。
建築年:明治40年 構造:木造2階

(46)小樽市指定歴史的建造物

小樽市指定歴史的建造物(46)は

旧北海雑穀(株)営業所です

旧北海雑穀(株)営業所-4 旧北海雑穀(株)営業所-3

旧北海雑穀(株)営業所-1 旧北海雑穀(株)営業所-2

第百十三国立銀行小樽支店-5 第百十三国立銀行小樽支店-6


明治44年「東宮行啓記念小樽区写真帖」には、「北海雑穀(株)営業所」として掲載され、現在の外観とほぼ同じであったことを伝える。両袖の壁にうだつを建て、正面に下屋を設けず、1,2階の壁は同一面になっている。建物規模は、正面西側が5間、奥行4間で、1階の東南隅にしっくい塗りの戸があり、蔵が続いていたと思われる。2階は棹縁天井の和風意匠に、洋風窓の意匠を混在させている。
建築年:明治44年 構造:木骨石造2階建

(45)小樽市指定歴史的建造物

小樽市指定歴史的建造物(45)は

第百十三国立銀行小樽支店です

第百十三国立銀行小樽支店-3 第百十三国立銀行小樽支店-4

第百十三国立銀行小樽支店-1 第百十三国立銀行小樽支店-2


第百十三国立銀行小樽支店-7

明治26年、初代の小樽支店として建てられたが、支店は15年後の明治41年2代目の建物(元千秋庵)に移った。壁体構造は厚い石を積んだ本石造である。ルネッサンス様式の小建築で、軒持送りの間に分銅模様のレリーフが飾られているのは百十三銀行のシンボルである。
建築年:明治26(1893)年 構造:木骨石造


第百十三国立銀行wikiより
第百十三国立銀行(だいひゃくじゅうさんこくりつぎんこう)は、明治期に函館で設立され、北海道に本店を置いた初めての銀行。
1878年(明治11年)に、北海道函館の商人であった村田駒吉、杉浦嘉七、田中正右衛門らによって設立。当時函館は北海道の経済の中心地であり、国立銀行を設立することで、北海道全体の殖産に資そうとする、開拓使の意向が函館支庁を通じ、村田らに伝えられ、設立に至った。翌1879年(明治12年)1月開業。資本金は15万円。初代頭取には杉浦嘉七が就任。その後、国立銀行営業満期前特別処分法に基づき私立銀行百十三銀行に改称。金融恐慌を受け、1928年(昭和3年)に北海道銀行(後の北海道拓殖銀行で、現在の北海道銀行とは無関係)に合併され、歴史の幕を閉じた。


(44)小樽市指定歴史的建造物

小樽市指定歴史的建造物(44)は

小樽聖公会です

小樽聖公会-1 小樽聖公会-2

小樽聖公会-5 小樽聖公会-3

小樽聖公会-4

小樽聖公会の最初の会堂は、明治28(1895)年、ほかの場所に建設されましたが、その後焼失し、この場所に再建されました。この建物は、水天宮の丘の中腹、急な石段の脇に小樽の町を見下ろすように建ち、木造下見板張り、切妻屋根に鐘撞堂をのせています。軒のレース飾り、星形模様のバラ窓、やや幅広の尖頭アーチ窓などが特徴です。内部は正面に祭壇がある簡素な矩形平面となっています。
建築年:明治40(1907)年 構造:木造


この建物は旧堺小学校の近くに建っていて、この建物の向かって右側には友人の家がありました。
(友人宅もとても大きな家で、今もあれば歴史的建造物?なのかな?)現在はマンションが建っています。

(43)小樽市指定歴史的建造物

小樽市指定歴史的建造物(43)は

旧小樽組合基督教会です

旧小樽組合基督教会-2 旧小樽組合基督教会-1

旧小樽組合基督教会-3 旧小樽組合基督教会-4


この建物は、公園通りの景観に魅力を添える教会で、2階礼拝堂への階段塔が角地を強調しています。尖頭(せんとう)アーチや装飾アーチ帯などでゴジック風にデザインされています。玄関アーチは昭和47年の改修で形態を変え、3連アーチとなっています。設計者は成田幸一郎、施工者は高橋権次で、いずれも地元の手によるものです。
建築年:大正15(1926)年 構造:木造2階建
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。