小樽市議会議員 秋元とものり-今日も1日-今いる場所で勝て

「小樽市議会議員 秋元とものり」の今日一日の活動と感じた事を率直に紹介するブログです。

09月« 10月/ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政治資金規正法違反問題に関する調査特別委員会

昨日は13:00より政治資金規正法違反問題に関する調査特別委員会が

ありました。

私の質問は

政治家・政党による「カンパ」についてであります。

今回の問題が起こり、その原因については一つではなく

あらゆる原因があると思っていますが、マスコミや

一部の政党は「五者」で市長候補を擁立してきた事が

原因であると言っております。

「五者」については、私自身の認識ですが、これまで極めて民主的に

議論し、候補を擁立してきたわけで、まったく問題ないと考えますが

第三者委員会の報告では「五者」も一つの素地とされており、

そのことについてしてされた事は、真摯に受け止めなくてはならないと考えます。

しかしそのほかに、政党機関紙やカンパも原因の

素地との報告があったにも関わらず、ある党は

機関紙やカンパには一切触れない

私は、委員会の中で我が党の機関紙「公明新聞」を18名の

幹部職員の方に購読していただいていることも明らかにしたうえで

「五者」については選挙時に広く市民に知られていると思うが

カンパについてはその方法が極めて人目に触れない形で

行われている事、幹部職員の家に「納付書」を送りつけている

事などから今後も続けられる可能性も否定できない。

私たち議員が、襟を正さなければならない時に今回の原因、責任を

他に転嫁しつづけるなら、またいつか同じような事件が起こると思う。

だからこそ再発防止を真剣に考えなくてはいけないと感じます。

この事件が政治的に利用され、パフォーマンスに利用されないように

願うばかりです。

そう感じるのは・・・利用している人間がいるからです!

今回、公明党からは代表で、千葉議員が副委員長、私が委員

として議論させていただいておりますが、ただただ、小樽と市民のために

との想いで議論していきます。


最後にもちろん、公明党はこれまで一度も「カンパ」を求めた事は

一度もありませんし「機関紙」の購読推進についても強制などはなく

もし、強制的なものがあるとすれば現購読部数18部に留まらず

もっと多部数の購読数があるのだと思います。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。