小樽市議会議員 秋元とものり-今日も1日-今いる場所で勝て

「小樽市議会議員 秋元とものり」の今日一日の活動と感じた事を率直に紹介するブログです。

05月« 06月/ 123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

提案が実現!

今日は予算特別委員会4日目、総括審議です。

公明党からは高橋議員と秋元が出席。

私は昨年の第1回定例会で提案していた


「生活保護者自立支援プログラム」について質問。

昨年の答弁では検討するとの事でしたが

いよいよ今年4月いっぴからこの事業がスタート

します。


現在小樽市には3796世帯、5432人の生活保護を受けている方がいます。

一度生活保護を受けるとなかなか抜け出す事がむずかしいという現実。

この事業は将来的には負の連鎖を食い止め

増え続ける生活保護者の抑制を図るものです。

個人の自立を促すために5つのプログラムがあり

①ひとり親世帯等自立支援プログラム
②高校等進学支援プログラム
③就業体験的ボランティア事業
④精神障害者等社会参加促進支援事業
⑤キャリアカウンセリング事業

があり、個人に合ったプログラムを実践することになります。


今後の事業運営がカギになりますが、負の連鎖を断ち切るために

がんばってもらいたいですし、今後も現場に即した提案をします!

もう一点は保育所の入所基準について質問。

今定例会の一般質問で取り上げた問題ですが

今年の2月にある市民の方から手紙をいただいた事が

質問のきっかけになりました。


内容は、妊娠、出産時の保育所入所基準についてですが

この件では、双方の誤解があり、問題点は一応解決。


その説明を受けている

中で、保育所利用期間で出産予定日が月初めの子と

月末の子では最大約1カ月の差がある事がわかりました。

これはなかなか説明しにくいんですが、この件でこの

出産予定日の差で利用期間に差が出る事を改善することを

要望していました。市長も「要望は妥当であり検討する」との答弁。

今日はその改善までのスケジュールを確認したんですが、なんと!

4月いっぴから、これまで「月単位」での積算だったものが

出産予定日を基点に前後8周に改善される事が明らかになりました!

これで、月初めに生まれようが、月末に生まれようが、利用期間の

差はなくなります。


今回の質問、提案した2点では、市長はじめ、関係理事者の

スピーディーな対応で改善、実現でき本当に良かったと思います。

今後も現場第一主義をモットーに、がんばります!



スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。