小樽市議会議員 秋元とものり-今日も1日-今いる場所で勝て

「小樽市議会議員 秋元とものり」の今日一日の活動と感じた事を率直に紹介するブログです。

03月« 04月/ 123456789101112131415161718192021222324252627282930»05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一般市民による心肺蘇生、5年で1.5倍に

心肺停止による救急搬送のうち、そばにいた一般市民によって

心肺蘇生の応急手当てが行われたケースは2009年、全国で計1万834件となり、

5年間で約1.5倍に増えたことが、総務省消防庁のまとめで分かった。

市民のAED(自動体外式除細動器)使用実績も年々増加。救急搬送に要する

時間が延びている中、消防庁は「市民の応急手当ては、救命率、社会復帰率

の向上に重要だ。今後も一層の推進を図る」としている。

消防庁によると、昨年1年間に心原性の心肺機能停止のため救急搬送された

事例で、心肺停止の状況を周囲にいた市民が目撃していたケースは2万1112件。

このうち、51.3%に当たる1万834件では、救急隊が到着するまでの間、

市民が応急手当てを行っていた。

応急手当てが行われた場合の「1か月後生存率」は13.8%で、行われなかった

場合(9.0%)に比べて約1.5倍に上昇。「1か月後社会復帰率」も9.1%で、

行われなかった場合(4.9%)より約1.9倍高かった。

また、応急手当てにAEDを使用したケースは583件あり、「1か月後生存率」

「1か月後社会復帰率」はそれぞれ44.3%、35.8%と、いずれも高い効果を示した。

市民による応急手当ての件数は、統計を取り始めた05年(7335件)以降、

着実に増えている。

手当てが行われた件数が、行われなかった件数を上回ったのは初めて。

<医療介護CBニュース>


公明党としても、私たち公明党小樽市議団としてもこれまで

AEDの学校等への配置について議会で議論し、早急に配置するよう

要望、提案してきた経緯もあり上記の記事はうれしいですね。

最近ではバッテリーの問題やパットの問題などがありましたが

定期的な検査、確認は欠かせません。

街の色々な場所でAEDのマークを見ると「おっここにも!」

とうれしくなります。

あまり使う場面が無い事に越したことはありませんが

万が一の時には安心できる医療機器ですよね。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。