小樽市議会議員 秋元とものり-今日も1日-今いる場所で勝て

「小樽市議会議員 秋元とものり」の今日一日の活動と感じた事を率直に紹介するブログです。

03月« 04月/ 123456789101112131415161718192021222324252627282930»05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高齢者不明問題

東京都内最高齢の113歳の女性が所在不明になった問題などを受け、

共同通信が3日、各都道府県の最高齢者の所在確認について都道府県

に取材し、職員らが直接本人と面会した上で確認していた自治体は

23道府県にとどまった。長野県の最高齢者は4年間にわたって

所在を確認できていないという。

都と長野県を除く45道府県はそれぞれの最高齢者の生存について

何らかの方法で確認をしていると答えたが、家族や入所施設などを

通じて所在を確認した自治体が大半。電話でしか確認していなかっ

たのは青森、山形、茨城、愛知、和歌山、鹿児島の6県だった。

7月28日に東京都足立区で111歳とされた男性とみられる遺体

が発見されて以降、あらためて確認した自治体も多かった。

最高齢者が住む自治体の職員らが実際に本人と面会していた自治体

では、北海道小清水町が月に1回、ケアマネジャーが面会。

三重県四日市市は毎年8月ごろに市職員が最高齢者に面会し、

宮崎県都城市は職員が居住施設を訪問していた。

本人に面会せずに所在を確認している自治体では、

大半が福島県郡山市のように入所施設を通じての確認や、

長崎県島原市のように家族に確認したりしていた。<時事通信>



たしか今回この様な問題が発覚したのは「民生委員の方が長期間

に渡り会えない高齢者がいる」と市役所に報告し、対応をお願い

したことからだったと記憶していますが、たしかにこれまでの

役所の対応や確認作業がちゃんとしていれば少なくとも今回の

ような問題は起きなかったでしょう。

もうひとつは民生委員の今後の在り方ではないか?とも思います。

私は小樽市においても民生委員の在り方を議会で取り上げた事が

ありますが、一人の民生委員が担当する人数には地域的な問題で

ばらつきがあり、多い人では一人で50人近くの人を担当しています。

民生委員の方も高齢の方が多く本当に一人で何十人もの方を担当

する事が出来るのか?かなり無理があります。

しかし、民生委員の配置などは市の所管ではないために適正な

配置に変える事自体市では簡単にできないのが現状です。

この点もしっかり今後の課題として国へ繋げていきたいと思います。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。