小樽市議会議員 秋元とものり-今日も1日-今いる場所で勝て

「小樽市議会議員 秋元とものり」の今日一日の活動と感じた事を率直に紹介するブログです。

06月« 07月/ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パフォーマンスか?どうか!

批判の揚げ句、事業拡充=医薬医療機構-事業仕分け

事業仕分けでは27日、新薬や医療機器の審査を担う

医薬品医療機器総合機構も対象となった。厚生労働省からの

出向者が全職員の5人に1人、部長以上は7割という実態に、

仕分け人から「丸々厚生労働省じゃないか」「全廃すべきだ」

と批判が続出した。

近藤達也理事長は、自前の人材養成方針を示しつつ、

「職員は専門家で周りから影響を受けることはあり得ない」

と独立性を強調。「プロパーの職員が腐っているのでは」

と挑発的な質問に対し、「人事ではなく、面白い仕事をしているか

どうかが重要だ」と強い口調で切り返した。

現政権が医療を成長分野と位置付けることや審査迅速化の

社会的要請も背景にあり、終わってみれば、結論は「事業拡充」。

近藤理事長は「サポートしてくださっているのは何となく分かっていた。

いい意見をいだたいた」と余裕の表情を漂わせた。

(2010/04/27-21:53)時事ドットコム


いったいどうなってんでしょうか?

以前からの指摘のとおりパフォーマンス性が強く感じるのは

多くの国民の共通するところではないでしょうか?

「丸々厚生労働省じゃないか」「全廃すべきだ」との

仕分け人の判断と正反対の結果に終わった事の説明を

聞きたいもんです!
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。