小樽市議会議員 秋元とものり-今日も1日-今いる場所で勝て

「小樽市議会議員 秋元とものり」の今日一日の活動と感じた事を率直に紹介するブログです。

09月« 10月/ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普天間調整難航

普天間、政府案目指し23日協議 調整なお難航

鳩山由紀夫首相は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)

移設先の政府案取りまとめを目指し23日に平野博文官房長官、

岡田克也外相、北沢俊美防衛相ら関係閣僚と協議する。

結果を平野、岡田両氏が米側に伝える方向だが、検討中の県内移設

2案に沖縄の反発は強く、米国の理解が得られる保証もない。

政権内では、ヘリコプター部隊の拠点や訓練を県外移転する代わりに

普天間を当面継続使用する案も浮上。調整はなおも難航しそうだ。

首相は20日、

都内で記者団に「23日に何かを決めると決めているわけではない。

当然、最終的に自分の意思を国民に示すことになるが、まだその時期ではない」

と述べるにとどめた。


政府はこれまで平野氏を中心に移設先を県内とする方向で調整を進めてきた。

具体的には、名護市などのキャンプ・シュワブ陸上部に1500メートル超の

滑走路か約500メートルのヘリ離着陸帯(ヘリパッド)を建設する案と、

米軍ホワイトビーチ(うるま市)沖を埋め立てる案を軸に検討中だ。

鹿児島県・徳之島への移設案も取りざたされている。

2010/03/20 19:18 【共同通信】

ここまで沖縄県民や国民に期待をさせ、まさか沖縄県内移設?

ありない話でしょう!!

そもそも選挙目当てで沖縄の県民の気持ちを逆なでし

今になって「やっぱり県外は無理」なんて言うわけじゃないでしょうね。

いつも首相は最後は自分で決めると言ってますが本当に決断できるんですか!

期限の5月まではもう少しです。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。