小樽市議会議員 秋元とものり-今日も1日-今いる場所で勝て

「小樽市議会議員 秋元とものり」の今日一日の活動と感じた事を率直に紹介するブログです。

05月« 06月/ 123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不安・・・

与野党は19日、金融機関に返済猶予などを促す中小企業金融円滑化法案の

採決をめぐり対立を続け、午後1時に予定されていた衆院本会議開会はずれ込んだ。

与党は同法案を19日夜の本会議に緊急上程して与党の賛成多数で可決、

参院に送付する見通しだ。

自民党は玄葉光一郎財務金融委員長(民主党)と松本剛明議院運営委員長(同)

の解任決議案を提出。与党は粛々と否決する方針だ。

民主党は本会議後に開く議院運営委員会で、日本郵政株式売却凍結法案など、

審議日程が決まっていない法案の各委員会での審議入りを決める方針。

野党が反発を強めるのは必至で、30日の会期末をにらんだ与野党の攻防は激化する。

これに関連し、鳩山由紀夫首相は19日夕、官邸で記者団に

「国会の運営は任せているので、私の方から申し上げるべきではない。

国民の皆さんのためを思いながら、できるだけ早くという気持ちで行動していると

理解している」と述べた。

横路孝弘衆院議長は19日午後、与党3党の国対委員長を呼び、

野党との協議を要請。これを受け、与野党の国対委員長が国会内で会談した。

野党側は同日中の採決を見送るよう求めたが、与党側は応じなかった。

2009/11/19 19:57 【共同通信】


これまでの民主党は国会での審議が十分ではないと自公の法案

に対して審議拒否を繰り返してきたのに「中小企業金融円滑化法案」は

一日審議しただけで強行採決をしたそうですが、鳩山首相も

「しっかりと議論をしていこうではありませんか」といっていたはずなのに。

議論はしないんですね。

これから出てくる民主党の法案に対しても議論する時間をとらないのか?

どうなっているんだ!?「国民は不安におもっている」どうおもっているんだ?

やっぱりこの件に関しても説明はしないんですね。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。