小樽市議会議員 秋元とものり-今日も1日-今いる場所で勝て

「小樽市議会議員 秋元とものり」の今日一日の活動と感じた事を率直に紹介するブログです。

10月« 11月/ 123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公立学校の廃校5千超える 

公立学校の廃校5千超える 92年度以降、少子化が直撃 

公立の小・中・高校のうち廃校となった学校が、文部科学省が調査を始めた

1992年度から昨年度までに、5259校に達したことが14日分かった。

最近は年400校を超えるペースで少子化が直撃した形。同省は廃校の

転用を進めるが、自治体の財政負担も重く使い道が決まらないケースも多い。

コミュニティーの中心だった学校の再活用は大きな課題だ。

 文科省によると2000年度以降、廃校の増加ペースが速まり、

04年度は579校と最高を記録。08年度は449校が廃校になり、

1992年度からの累計で5千校を突破。

全国で小学校3485、中学校1048、高校726が廃校となった。

都道府県別では、北海道の584校が最多で、次いで東京336校、

新潟260校の順となっている。

過疎地域だけでなく、高齢化が進むベッドタウンなどを抱える大都市でも

増加が目立っている。市町村合併に伴う統廃合も進んでいる。

廃校を他の用途に利用する動きは一部で進みつつある。

美術館(栃木県那珂川町)や自然学校(三重県大台町)のように

文化施設へ再利用しているほか、地ビール工場(北海道ニセコ町)や

ドジョウ養殖(鳥取県日南町)の例もある。

2009/11/14 10:05 【共同通信】


小樽市においても少子化が進み現在では小中学校の統廃合の

議論がされています。

わたしの母校でもある「堺小学校」はすでに廃校になり

地域のコミュニティーの拠点として活用されていますが、やはり子どもの

いない母校の姿は少し寂しげに見えました。


堺小学校

スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。