小樽市議会議員 秋元とものり-今日も1日-今いる場所で勝て

「小樽市議会議員 秋元とものり」の今日一日の活動と感じた事を率直に紹介するブログです。

09月« 10月/ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

財政 異常事態

財政、異常事態=国債発行、税収上回る

日本の財政悪化が危機的水準に落ち込むことが確実になっている。

2日発表の2009年度上半期税収は前年同期比2割を超えるマイナス。

年間でも、歳入を補う新規国債発行が税収を大幅に上回り、過去最大の50兆円に

達するのが避けられない情勢だ。国債発行額が税収を上回るのは戦後の

混乱期だった1946年以来の事態。10年度も景気の急回復が見込めない中、

鳩山由紀夫首相は国債発行を麻生政権が計画した額よりも抑制する目標を

示しているが、達成は至難の業だ。

10年度税収は税制が現状のままでも40兆円前後にとどまる見通し。

衆院選マニフェストで掲げたガソリン税の暫定税率を撤廃すれば約1.7兆円分の

穴が開く。国債発行額が2年連続で税収を上回る「異常事態」となる見通しだ。

また10年度予算に関しては、鳩山首相が各閣僚に「査定大臣」として

概算要求を圧縮するよう指示したにもかかわらず、過去最大の95兆円規模に膨張。

首相は「92兆円以下」に削り込みたい考えだが、予算の無駄洗い出しを

担う行政刷新会議は、実働部隊となる「事業仕分けチーム」の人選をめぐる混乱もあり、

作業の遅れが懸念されている。

鳩山首相は2日の衆院予算委員会で来年度の国債発行について

「極力抑えなければいけない。(今年度発行計画の)44兆円を超えないよう努力をする」

と強調した。しかし、債券市場では国債増発懸念から長期金利にじわじわと

上昇圧力が掛かり始めた。中長期的な財政再建の目標も示されておらず、

「海図なき航海」(藤井裕久財務相)に突き進む可能性が出ている。(2009/11/02-23:03)

<時事ドットコム>


すでに予想以上に税収が減る事はこれまで報じられてきましたが

どこまで落ち込むのか、鳩山政権はどういう政策を実行するのか、国債は発行するのか

明日からまた国会での審議が始まりますが、今後の日本の進む道についても

ひじょうに気になるところです絵文字名を入力してください
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。