小樽市議会議員 秋元とものり-今日も1日-今いる場所で勝て

「小樽市議会議員 秋元とものり」の今日一日の活動と感じた事を率直に紹介するブログです。

06月« 07月/ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(3)歌碑・記念碑 戸塚新太郎

歌碑・記念碑(3)は
戸塚新太郎(とづかしんたろう)

1899(明治32)年1月2日~1965(昭和40)年11月16日

碑文

森にひそむかの妖精もいでて遊べ/木もれ日うごく羊歯の葉の上

 戸塚新太郎は群馬県倉田村に生まれる。翌年両親とともに小樽に移住。庁立小樽中学校中退後、奥田商会に入社。この頃より短歌の創作を始める。1924(大正13)年小田観螢、山下秀之助らと雑誌「原始林」(第一次)創刊に同人として参加。また小林多喜二らと雑誌「クラルテ」にも参加。1946(昭和21)年第二次「原始林」が発行されるや率先して加盟。その後長逝するまで、短歌出詠や随筆などを投稿した。
 新太郎は小樽山岳会名誉会長、小樽山草会会長などについていたこともあり、また歌人として顕彰する意味で歌碑が建立された。
 歌碑は歌集「雄冬岬」に収められている。著書に歌集「樹海」「雄冬岬」「石狩湾」随想集「北の植物」など。


つつじ
きれいな花が咲く小樽公園内

戸塚新太郎-1
説明書や建立者等も書かれていなく、調べてはじめて誰の歌碑なのかわかりました

以前、歌碑・記念碑の1で紹介した「小田観螢」や「小林多喜二」とも関係があったんですね~
いろいろ調べるととても勉強になります。
小樽公園内にひっそりとたたずんでいますので、ぜひ探してみてください
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。