小樽市議会議員 秋元とものり-今日も1日-今いる場所で勝て

「小樽市議会議員 秋元とものり」の今日一日の活動と感じた事を率直に紹介するブログです。

05月« 06月/ 123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(2)歌碑・記念碑 比良暮雪

歌碑・記念碑(2)は

比良暮雪(ひらぼせつ)
1898(明治31)年9月20日~1969(昭和44)年2月12日

碑文

芝原の/いづちともなく/囀(さえず)れり

 暮雪は本名吉治。小樽生まれ。庁立小樽中学校を経て1917(大正6)年小樽高等商業学校へ進む。在学中松原地蔵尊らと俳句会「緑丘吟社」創設。以後「ホトトギス」及び同系の諸誌に参加。また緑丘吟社を母胎とした「北」の選者に飯田蛇笏を仰いだこともあり「雲母」にも参加。小樽中学、小樽商業などで教鞭をとり、その後北海製紙に勤務するかたわら後進の育成指導にあたった。1969(昭和44)年2月長逝。主著に「北海道樺太新季題句集」「北海道俳壇史」「小樽俳壇史」句集「雪祭」「ななかまど」「定本比良暮雪句集」など。
 句碑は主宰した雲母小樽支社句会の門下生の手により暮雪の還暦祝いに建立。碑文は句集「雪祭」(1929(昭和4)年)に収められたもの。
小樽市HPより

比良暮雪歌碑-1 比良暮雪歌碑裏
                  裏に刻まれた文字も年月の経過で読むことができません

望む
歌碑正面には小樽港がも望めます

坂
天狗山へ向かう中腹に位置しています

天狗山へ向かい中腹の左手にある「もがみ公園内」にある歌碑です
静かな場所で比良暮雪が生きた時代におもいを馳せてみるのもいいものですよ

スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。