小樽市議会議員 秋元とものり-今日も1日-今いる場所で勝て

「小樽市議会議員 秋元とものり」の今日一日の活動と感じた事を率直に紹介するブログです。

07月« 08月/ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成25年小樽市議会第1回定例会

本日より小樽市議会第1回定例会が開会しました。

はじめに、市長提案。

平成25年度予算編成に当たっての基本的な考えを示されました。

依然として厳しい財政状況の中で事業の厳選や職員給与の削減継続など、

財政の健全化に取り組む中で、「防災対策」「経済・雇用対策」に取り組む。

小樽市は23年度の一般会計決算で2年連続の実質収支の黒字を確保しました。

先に述べた健全化策に併せ、他会計からの借入れを行わないなどの中松市長

の方針で達成したものでありますが、依然として厳しい状況は変わりません。

また、24年度の予算編成時よりも4億4千万円多い、12億2千万円の財源不足

が生じており、財政調整基金を取り崩しての予算編成です。

中松市長は「選択と集中」との観点から、市民の命と暮らしを守る減災を

主眼とした「防災対策」と小樽の強みを生かした活力あるまちづくりを

進めるための「経済・雇用対策」に重点的に取り組むとのことです。

25年度の財政規模は一般会計は577億783万6000円、特別会計合計では

272億5065万1000円、全会計合計では1199億4159万8000円となり、

前年度に比べ全会計では2.0%の増となりました。

特に防災関連の予算には、私がこれまでいただいた要望や相談を

通して質問・提案してきた「津波浸水シミュレーション」「防災ラジオ」

「j-alertを使った自動伝達システム」の導入が予算に盛り込まれており

詳細については議会の中で議論していきます。

市民の声反映され、ましてや市内の経済の活性化、住みよい小樽になるように

これからもがんばります!
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。